リボルテックジオ ダイオウサソリ の予約情報・価格比較・落札相場

初めての方へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
期間:サイト1:サイト2:
Amazon(情報なし) Amazonマケプレ(¥7894) 最安価格(¥6723)
※()内は現在価格
商品名

リボルテックジオ ダイオウサソリ

メーカー海洋堂
定価¥8,100
発売日2019/02/28 発売
カテゴリ特撮・怪獣可動フィギュアリボルテック(全般)海洋堂
順位78273 位 (Amazon.co.jp)
商品説明塗装済み完成品 【素材】PVC&ABC 製作総指揮:松村しのぶ 原型製作:山崎太久也、大津敦哉(可動加工) 【リボジオについて】 ついに自然が動き出す。 海洋堂のリボルテックを受け継いだ可動生物フィギュアシリーズ始動! 造形師たちの類稀なる観察眼で生命感あふれる躍動美を表現してきた生物系フィギュアや、リボルバージョイントを駆使したアクションフィギュアシリーズ「リボルテック」を展開してきた海洋堂。 満を持して、海洋堂イズムが息づく両者を掛け合わせた可動生物フィギュアシリーズ「リボジオ」が始動します。 昆虫・甲殻類などの節足動物をはじめ、恐竜骨格など科学好きの知的好奇心をくすぐるラインナップを予定。 立体化する対象は地球の全生命体です。 造形総指揮・松村しのぶが生み出す究極の可動生物たちをコレクションし、「時空を超えた立体型百科事典」を完成させてみてください。 【ポイント】 ・手のひらに納まらない大ボリュームは想像以上で驚く ・実際に存在するダイオウサソリの最大のクラスがこれぐらいライフサイズモデル ・造形・塗装ともに美しい甲羅の美しいグラデーション、腹側から足にかけての複雑な構造、口元にある小さな鋏までシャープに成型 ・可動は限定的といっても「サソリに取らせたいポーズ」はほとんど取れる。 特に、「捕らえた獲物を口元に運ぶように鋏を引きつける」という、はさみ~腕をコンパクトに畳む動きという可動は実際のサソリの可動域を踏まえている。 ・尻尾の先の針が引き寄せた獲物に届くように動かせる。 ・他のフィギュアと絡ませることで、ファンタジーシーンや特撮怪獣っぽいシーンを想像して楽しむことが可能 【ダイオウサソリ Emperor Scorpion Pandinus imperator】 アフリカ大陸西部の熱帯雨林にすむ超大型サソリ。 世界最大のサソリとされ、伝説的な噂として全長30cmにも達する、ともいわれているが、通常は最大クラスで20cmほど。 凶悪そうな姿に反してその毒性は弱いとされ、赤く目立つ尾端の毒針も通常それほど使用されないらしい。 代わりに獲物を捕らえるのに役立っているのが大きなハサミで、こちらは見た目どおり強力で挟まれるとかなり痛い。 全身青黒い不思議な光沢をまとい、さらにブラックライトを当てると全身が青白く輝いて何とも幻想的。 ちなみにサソリ類は地球史上、最初に陸へ進出した動物のひとつとされている。 【ダイオウサソリの制作について】 ダイオウサソリの制作にあたって、サソリの最も魅力的なポーズ・・尾を持ち上げ鋏を振り上げて威嚇する姿を簡単に再現できるようにすることを目標としました。 胴にも可動部を設け、より過激なポージングができるようになっています。 全ての関節が動くフル可動も魅力ではありますが、脚や細部を可動させることによって保持を失い、魅力的なポーズが損なわれる事を懸念し、しっかり飾れるディスプレイモデルとしても両立するよう脚部に丈夫なABS素材を採用して成型、無可動にしています。

▼その他のサイトから在庫・価格を検索▼

    近日発売の関連商品(全1件)

    その他の関連商品(全30件)

    コメント

    開催中オークション

    情報なし

    終了済オークション

    情報なし